ブログ


HomeTown フランス blog offers you a selection of articles devoted to the destination フランス, its news, culture, activities and of course, its people

グルメ

メリベル=レザリューとメリベル=モッタレ:最高のレストラン

2 年前 - Julie D.

スキー、高所、新鮮な空気…この全ての物が食欲を作り出します!そしてサヴォアはきちんと食べるフランスの場所のひとつとして知られています – すなわち、大盛りで提供されるすばらしい地元の生産物のことです。メリベルがグルメのパラダイスになるのは十分でした。しかし、サヴォア風フォンデュとタルティフレットは有名でないことにご注意ください。メリベルの料理は確かに洗練されていておいしいのです。ここでは活力を与えることは繊細さの反対である必要はありません。 ここで、メリベル=レザリューとメリベル=モッタレできちんと食べる数件最高の山のレストランを紹介します。山のセッティング と、もし天候が許せばテラスで上質な料理を楽しむためにガイドに従いましょう。 Chalet Tonia 我々が好きな山のレストラン。温かくておいしい料理がスロープで過ごす午前中の後に快適です!ルブロッション・パイ、バーガー、デザートバッフェ、どれも拒めません。天候が良ければ、テラスに座って雪のスロープを鑑賞することは楽しいことです。天候が悪ければ、炉端のそばに避難しましょう… いずれの場合も満足できます。常連の人が毎年戻って来て称賛するChalet Toniaは右に出るものがない名声を上げています。コンブのチェアリフトに乗って、滑り、ここでChaletに直行します。 Facebookページでイベント確認を忘れないようにしましょう。Chalet Toniaのコンサートナイトは人気です。 Chalet Tonia - Les combes, Mottaret, 73550 メリベル=レザリュー - Tel. : +33 4 79 00 45 11 – 午前9時~午後4:30、毎日営業 ル・セップ この名前の通り、もちろんボルチーニに関するすべての美しいエネルギッシュな名物を期待するでしょう。ボルチーニのハンバーガー、それによってボルチーニと野菜付きのカモ…デザートもボルチーニ?デザート(ブルーベリーパイが有名)までどんなグルメの方もすでに唇をなめています。サヴォア風フォンデュ、フォアグラバーガーも見つけることができます。すべてすばらしいワインリストが備わっています。この洗練された料理はすばらしい気配りがされていて、ミッテランガイドの「シンプル・スタンディング」の「グルメ、たっぷりな量」として高く薦められています。食事とサービスの質がこの場をとても人気にしているので、予約には気をつけましょう。 ル・セップ - Les Merisiers building, Le Plateau, Direction Altiport, 73550 - Tel.: +33 4 79 22 46 08 ル・プランタン プランタンはミッテランガイドで二股。洗練された料理と、壁のセーム革のトロフィー、流木、伝統的な農耕器具の山の装飾を組み合わせています。美しい石の暖炉の場所で温まれます。すばらしい料理には地域の生産物、フォアグラ、カントリーハムのほか、シーフードやローストビーフがあります。ランチタイムには、レストランはすばらしい山の散歩にスキーでアクセスすることが可能です。 ル・プランタン - Tania Road, 73550 メリベル, レザリュー - Tel. : +33 4 79 04 12 11 - 毎日~業 ランチ 12:00~15:30、ディナー 19:00~23:00 - 予約はEメールのみ ロック RocとrockはROK(ロック)!スロープのふもとの温かい山のレストランはあなたが期待するものをすべてもたらしてくれます:美しい日には太陽を楽しむためのテラスと日焼け用ベッド、すばらしい地図、親しみやすい雰囲気、親しみあるサービス。下山時に食欲が沸いてきてスモークサーモン入りのおいしいタルティフレットサラダ、グリルした肉、もちろんデザート(チョコレートマカロンにはファンクラブがあるという噂!)にどっぷりと浸かりましょう。 ロック- Telecabine Pas du Lac Mottaret, 73550 - Tel. : +33 4 79 00 44 81 - 毎日営業 11時~17時 Restaurant du Yéti ブロンドウッドで装飾された美しい内装のホテルのレストランLe Yétiは洗練されたブラッセリ―スタイルの料理を提供します。細部まで配慮が行き届いていて、シェフはじっくりと準備した小さな料理を提供します。スタッフは気配りが行き届いていて親切。バーはカクテルが豊富です…言うまでもなく、スキーで楽しんだ後にはスナックにワッフルを堪能しましょう。 Yetiは夏にも発見があります:テラスは温水プール、ペタンク地形、ゲームで装飾されます。 Restaurant of Yéti - Rond-Point tracks, 73550 - Tel. : +33 4 79 00 51 15 Adray Télébar 南に面するテラスでは、この高所にあるレストランを有名にしたマッシュルームとクリームの子牛肉エスカロップを楽しむことができます。Adrayはメリベルの敬うべき施設で、何十年も営業されているクラシックです – そしていつも混んでいるので、正午には予約が必要です。 しかしホテルレストランなので、他の山のレストランとは異なり、夜にも営業しています。群衆がスロープを去ったら、火のそばで静かな夜のために、またはホットチョコレート、ワッフル、ブルーベリーパイなどのグルメスナックのために行くことができます。 Adray Télébar - Path of the Adray, 73550 - Tel. : +33 4 79 08 60 26 ル・クロ・ベルナール クロ・ベルナールは森林にうまく隠れていて、チェアリフトLoze ExpressとTrack of the Animalsからスキーでアクセスすることができます。水曜の夜には、クロ・ベルナールがサヴォアの夜を提供していて、魔法のような雰囲気でトーチライトとグリューワインで出迎えます。 クロ・ベルナール - Lieu-dit Les Bernards, 73550 - Tel. : +33 4 79 00 00 07 - 金曜~火曜 12:00~16:00営業、ディナーは水曜・木曜

さらに読む
メリベル=レザリューとメリベル=モッタレ:最高のレストラン

メリベル=レザリューとメリベル=モッタレ:最高のレストラン

グルメ

牡蠣とティエール:セットの名物料理を発見しましょう

2 年前 - Julie D.

セットはすばらしい南部の評判をしくじりません:たくさん食べます。本当によく。ビーチの端や港周辺には街のホールのように街の中心の小さな鳥には小さな生産者のショップやレストランが食欲を促すべく競い合っています。セットではトー湖の端では嬉しくオイスター・ブジーグを味わう機会を発見することができます。 それでは、地元の名産品やそれを味わうちょっとしたツアーに出かけましょう。 セットの牡蠣を楽しみましょう:トー湖の牡蠣 セット最初の名産品は牡蠣。牡蠣養殖は過去にはごく普通に行われていましたが、20世紀初めには、牡蠣とムラサキガイの飼育者であるすばらしい「甲殻類養殖者」が新しい技術を開発しました:牡蠣捕獲技術。なおも記憶に残る小さな村ブジーグ出身のAntoine Louis Tudescqは独創的なプロセスを開発し、小さなセメントのおかげで土台に貝で若い牡蠣をくっつけました。 実際にトー湖は湖ですが、潮の干満がありません:この環境はラグーンに似ていて牡蠣はつるして育てなければなりません。いくつもの技術を試し、長年成功と失敗を繰り返して、現在はロープに牡蠣を「くっつけて」います。これはトー湖の特殊な風景です。牡蠣の「テーブル」があって、ロープが水中で張ってあります。 永遠に浸されている牡蠣には美しいとても規則正しい中空の形があって、さらに肉は引き締まりヨードのおいしい味わいがあります。淡水と塩水の両方の湖水のすべての豊かさを利用して、塩気があります。 生の甲殻類を食べる考えがない場合には、調理した牡蠣(例えばバター)のおいしいレシピがあります。そしてター流域で育つ甲殻類は牡蠣だけではありません:ブジーグのムラサキガイは、肉厚で味わい深く、大西洋産のものよりもやや大きめです。 セットで牡蠣と魚介類を食べる場所 水辺で取れたての牡蠣を楽しむためには、直接ブジーグまたはサン・フェリックス・ルピアン港に直接向かうのがベスト。 ブザーグ市役所はウェブサイトで地元生産者リストを提供しています。地中海の魅力溢れるこのかわいらしい小さな漁村の通りをのんびりと歩く機会があります。 シェ・プティ・ピエール 地域の多数の生産者に関する限り、シェ・プティ・ピエールでは牡蠣は家族の業務:専門職の愛は父から息子へと受け継がれています。Tudescq通りのショップスタジオではピエールが生産物の牡蠣とムラサキガイのほか、ティエールや手作りの料理、スープ、イカの詰め物、小さなタコサラダなど提供していて、すべて小さなミュスカ・ドゥ・フロンティニャンがついていて、すばらしいトー湖を眺めながら堪能していただけます。 シェ・プティ・ピエール - Avenue Louis Tudesq, 34140 Bouzigues - Tel. : 04 67 78 30 50 パスカル・ミリョーレ パスカル・ミリョーレは、品質を慎重に選んで継続的な気配りで取り囲んだ小さな生産物を維持しています。ルピアン港にある作業場では2種類の牡蠣を提供します。ブジーグオイスターは癖のある風味があり、ジェネラにはもっと繊細な味わいがあります。 オイスターズ・ミリョーレ- Port Saint Felix, 34140 Loupian リシャルディ・エ・フィス ルピアン港にはリシャルディと息子たちが人々にすばらしい牡蠣を忙しく提供しています。露店前に人込みができていますが、自分の店で提供する多数の魚屋やセットやマルセイヤンのレストランがいます。リシャルディの牡蠣をレストラン、ラ・オラ!とマルセイヤンのビーチにある魚屋レトワール・ド・メールで味わうことができます。 リシャルディ・エ・フィス - Port de Loupian, 34140 Bouzigues - Tel. : +33 7 81 01 47 19 ラ・オラ- 201 Lido Promenade レトワール・ド・メール - Rue du Commerce, 34340 Marseillan ユイットル=ブジーグ シモンとフィリップはユイットル=ブジーグという会社設立に協力し合い、彼らの成功は留まることを知りません。Les Halles de Sèteにある露店は良いものですが、アンドレ・ポルト通りのオイスターバー l’Annexeを忘れないようにしましょう。シンプルで落ち着いた雰囲気ですばらしいオイスター・ピレモンのほか、生産者から直接手に入れたムラサキガイ、エゾバイを味わいましょう。アルザス・ロレーヌ通りのビストロ・デュ・マルシェも彼らの製品を見つけることができます。 レ・ユイットル=ブジーグ- Halles de Sète, Rue Gambetta, 34200 Sète - スタンドは毎日営業、午前7:30~午後1:30 The Annex - 16, rue André Portes, 34200 Sète - Tel. : +33 7 81 03 16 36 - open from 11h to 22h every day except Monday L’Annexe - 16, rue André Portes, 34200 Sète - Tel. : +33 7 81 03 16 36 - 月曜日を除く毎日午前11時~午後10時 本物のセットのタコを食べれる場所は? ティエールはおいしいタコのパイ。スパイシーなソースにトマトとスパイス(パプリカとサフラン)が入っています。付け合わせはじっくりと調理して煮込んで滑らかにします。それから焼く前にパイ皿に注ぎ入れます。できあがりはきれいなきつね色のパイは生地の外側はカリカリっとしていて、中は柔らかく、すぐによだれが出そうな香りがあるグルメな付け合わせです! でもすべてのシーフードパイが普通ではないことに気をつけてください!最高のパイはDasséとCianni で見つかります。両家族とも料理人Adrienne Virduciの子孫。Adrienne Virduciは1937年に祖国のイタリア料理の味を取り入れて、セットの地元製品にティエールのレシピを作りました。 本物のティエールはもちろんセットにあり、直接生産者の所またはレストランにあります。 街のコペンハーゲン通りにあるティエール・ダッセを見つけることができますが、Halles des Salins, Quartier Villeroyと、日曜日でも夜8時まで営業している作業場のショップMèzeでもティエールを楽しむことができます。 Tielles Cianniに関しては、バンベッタ通りのLes Halles de Sète,にショップがあり、別にマリオ・ロースタン本通のSophie Cianni、最後にrue Honoré EuzetにTielles Cianni-Marcosがあります。 ティエール・ダッセ - 1, rue de Copenhagen, 34200 Sète - Tel. : 04 67 43 77 01 - 作業場とショップ, departmental road 613, Mèze - Tel. : 04 67 43 12 98 - Halles des Salins, 153, road to 4 songs, 34200 Sète - Halles de Sète, rue Gambetta, 火曜~日曜 8時~19:30 Tielles Cianni-Marcos - Halles de Sète, rue Gambetta – 毎日8~24時, rue Honoré Euzet, 34200 Sète - Tel. : 04 67 74 16 23 Tielles Sophie Cianni - 19, high street Mario Roustan, 34200 Sète - Tel. : 04 67 43 60 62

さらに読む
牡蠣とティエール:セットの名物料理を発見しましょう

牡蠣とティエール:セットの名物料理を発見しましょう

ライフスタイル

セット、フェスティバルの傾向

2 年前 - Julie D.

セットでは1年に17以上のフェスティバルがあります。もちろん夏がメインです。しかし、夏の人混みがなくなると、春と秋には共鳴を続けます。 夏の終わりから秋の終わりにかけて、フェスティバルはひっきりなしにあり、互いに成功します!セットは音楽好き、映画ファン、コメディアン、詩人だけでなく、アーバンアート好き、写真ファン、ボート愛好家も迎える努力をします。 こちらはセットの文化イベントの簡単な一覧表:特に音楽、コミック、詩、ストリートアートはあなたの2018年を満喫させてくれます! (NB:観光局または組織に提供された日程は客観的なもので、変更の可能性があります) 音楽好きな人に… クラシック音楽からジャズに至るまで、そしてフランス音楽・ラップ・エレクトロなど、セットでは満足させてくれます。4月から8月の間に7つ以上の音楽フェスティバルが開催され、ほとんどはオープンエアのジャン・ビラール・ドゥラメール劇場のマジカルなセッティングで行われます。地中海、 ― そしてコンサートの時間に応じて夕日や星の夜を見渡しながら。 夜のコンサートには、無料水上バスがドゥラメール劇場へと街の中心地と連結しています。 MusicaSète、クラシック音楽、2018年3月28日から4月1日 MusicaSèteは、重奏の対位法とセットの聖歌隊と併せて、音楽家とオペラ歌手のアセンブリーを一緒にしています。ステージの若い期待の星や熟練音楽家、音楽に対する同じ愛情、同じ協調の尊大さが一体になります。 2018年、MusicaSèteはいつも通り、好奇心を欲求に入れた最高の折衷的なプログラムを提供します:歌曲、ラヴェルとドビュッシーのほか、アルゼンチンの作曲家アリエル・ラミエスとミサ・クリオージャへのトリビュート。 MusicaSète Festival、サン=ピエール教会とモリエール劇場 Quand je pense à Fernande、フランスの曲、6月23日から27日 ブラッセンの最も派手な曲のひとつにウインク。フランスの曲のフェスティバルQuand Je Pense à Fernandeは、究極のフランス語の作曲家を呼び集めます。2017年には、ドゥラメール劇場のステージでシャルレリー・クチュール、フィリップ・カトリーヌ、カトリーヌ・ランジェが、過去数年出演していたベナバール、トマ・フェルセン、ZAZの後を継ぎました。 フランスの曲のフェスティバルQuand je pense à Fernande、ドゥラメール劇場で。 ワールドワイド・フェスティバル、エレクトロ、ディスコ、ヒップポップ、ジャズ、6月30日から7月7日 ワールドワイド・フェスティバルは街全体を包みます:ライブセットで、夜にドゥラメール劇場で開催され、それからクラブ風のダンスフロアとなり、日中には市内やビーチで。丸1週間ストリートパーティとビーチパーティが繰り広げられます。 フェスティバルは、DJ、BBCのアニメーター、「トーキンラウド」&「ブラウンウッド」レーベルの設立者のジャイルス・ピーターソンが生み出しました。2006年以来、ピーターソンはシャープな味わいのプログラミングを磨き続けています:フェスティバルの基盤(ディスコやヒップホップに加えて)として開催されるジャズとエレクトロの雰囲気は、世界中からインスピレーションを一緒にします。例として、2017年には南アフリカ、ニジェール、ジャマイカのサウンドに注目しました。 ワールドワイド・フェスティバル、ドゥラメール劇場、市内の多数の場所で。 セットのジャズ、7月12日から20日 セットのジャズ以上にウェーブでブルーノートの韻脚に趣を与えるピュアな楽しみがあるものはありません。フェスティバルでは、ジャズの有名人を引きつける方法を知る要望されるプログラムを提供します。 完全性を気にすることなく、ここは過去にドゥラメール劇場のステージを利用したミュージシャンの小さな突破口:ジョージ・ベンソン、ウィントン・マルサリス、ボビー・マクファーリン、チック・コリア、ハービー・ハンコック、メロディ・ガルドー、アヴィシャイ・コーエン、グレゴリー・ポーター、ベス・ハート、コリー・ヘンリー、トロンボーン・ショーティ、スタンリー・クラーク… セットのジャズ、ドゥラメール劇場にて Fiest'A Sète、ワールドミュージック、7月21日から8月7日 Fiest'A Sèteは、7月と8月にかけてのまさに神聖な時の流動性の中にあります:ドゥラメール劇場で8月最初の週の準備をする前に、ワールドミュージックフェスティバルの最初の週は、トー湾とセット中で無料コンサートがあちこちで開催されます。 フェスティバルでは、公開やおしゃべり、そしてもちろんパーティの前後に、街中そしてビーチは人でいっぱいになります。 Fiest'A Sète、地域を巡回し、その後、ドゥラメール劇場、街の複数の場所にて。 デミ・フェスティバル、ヒップホップ、8月9日から11日 8月中旬に計画されている、デミ・フェスティバルの第3版は、ヒップホップファンがすでに心待ちしています。この独立したフランスのラップ・フェスティバルは、ラッパーのデミ・ポーションが作り上げ、デミという「小さな」名前から連想するよりも、かなり大きなものです。オキシモ・プッチーノ、JP Manova、Youssoupha、ザ・ワイズ・ポエッツ・オブ・ザ・ストリートが2017年のフェスティバルを熱くしました。贅沢にバーが設定されていて、2018年に一変する予定です。 デミ・フェスティバル、ドゥラメール劇場にて。 マイ・ライフ・フェスティバル、8月24、25日 マイ・ライフ・フェスティバルのために、ドゥラメール劇場は巨大なクラブに変わり、群衆が波打ち、選んだDJが巧みに活気づけます。2017年にはテイル・オブ・アス、ディクソン、KiNKを招きました。例えば、KiNKは興奮した観客のひとりが彼のキーボードをつかんだ時に、たじろぐこともありませんでした。イケメンのプレーヤーは即興的な参加もシェアしました。 マイ・ライフ・フェスティバル、ドゥラメール・クラブ劇場にて。 音楽 ― そして他の芸術を愛する人に… ストリートアート・映画・詩・コミック、セットでは脇に置かれることはありません。フェスティバルもあります。 K-ライブ、ストリートアートと現在の音楽、5月27日から6月3日 海、壁:K-ライブ・フェスティバルはストリートアート、音楽、ビジュアルアート間の橋を作ります。このフェスティバルの中心であるアーバンアートは、Open Skies Museum (Musée à Ciel)、MaCOのクリエーションで最高潮に達しました:セットを歩くと、ストリートアートの一人者が作成した予期せぬフレスコに驚きます。2017年にはイブニングコンサートでは、ルーツ・マヌーヴァ、DJヴァディム、DJジェイスが集結しました。 K-ライブ、街中の多数の場所にて。 サンセット・フェスティバル、映画、7月7日から12日 カンヌ祭の後、もうひとつの「クロワゼット」は、もっとリラックスした雰囲気ですがド同じぐらいプロフェッショナルで、地中海の海岸にて開催されます。町では監督と有名な俳優が情報通の一般客と会って、マスタークラス・討論・会合を提供します。 その後、日没時に、オープンエアの巨大な膨張式のスクリーンで無料の映写を観るために、泉のビーチ(Place Roger Théron)のデッキチェアでくつろぎます。 アニエス・ヴァルダ、ジャン=ピエール・ジュネ、アブデラティフ・ケシシュ、レティシア・カスタ、ジュリー・ガイエ、ルーファスはすでにフェスティバルの名誉を獲得しています。約15本のショートフィルムはすべてのジャンルが組み合わせられていて、毎年、ベルリンの片われへのウインク、ゴールデン・ベア賞を獲得するために競われます。 サンセット、フランソワ・ミッテラン・メディアライブラリーとプラージュ・ドゥ・ラ・フォンテーヌにて。 ビビッド・ボイシズ・オブ・メディテラニアン、詩・アート・音楽、7月20日から28日 この詩のフェスティバルには、物語作家・音楽家・歌手・俳優を伴って地中海から100以上の詩が集まります。町の広場・通り・庭園・史跡では現代詩のイキイキとした言葉に耳を傾け共有します。 ビビッド・ボイシズ、町の複数の場所にて。 BDプラージュ、カートゥーン、8月25、26日 このフェスティバル「砂の中の足」はリド・ビーチで2日間開催されます。フランス=ベルギーのコミックと漫画を祝います:2017年には、フェスティバルの主催者でベルギーのカートゥニストのÉtienne Willemのガイダンスの下で、約20名の作家が招待されました。 2つのダイブの間で、専用のお気に入りのアルバムを称賛して手に入れる、またはゲストのひとり(2017年には、くつろいだ様子でゲームに加わる2デザイナーのジュアン)が率いるワークショップに参加するためにやって来ます。 BDビーチ、リド・ビーチ、すべて開放、エントリー無料 そしてブラッサンスに:22 V'là Georges、10月21日から28日 もちろん、自分自身のフェスティバルを保有するブラッサンスを忘れることはできません。このフェスティバルは、美しさにおいて季節を終わらせます。地元の子供が10月22日頃にお祝いされるthe anniversary of his birth。Quartier de la Revolutionは賑やかで、協会のCap Brassensの言葉では「我が家の前の通りで、毎年誕生日をお祝いすること」です。 1週間の間、食べ物のにぎやかなパーティ、コンサートのアペチリフ、コンサートが同時にあります。親しみやすい雰囲気で、des copains d’abordの先唱者を否定しません。 とても人気のフェスティバルのラッフルに参加するのを忘れないようにしましょう。本当によく寄付されています!2017年には、1等賞は、弦楽器職人のSétois Jean-Paul Le Bonの手作りのギター「モデル・ブラッセンス」でした。 Festival 22 V'la Georges!、地域のカフェやバーで18日からConcerts-apéros。その後に公衆の主な場所でコンサート。

さらに読む
セット、フェスティバルの傾向

セット、フェスティバルの傾向

ライフスタイル

メイベルの冬:スキーだけではありません

2 年前 - Julie D.

変化を求めていますか?もちろん、アルペンスキーの楽しみのためにメイベルに行きますが、― でも多様な楽しみを求める人に、大サービスで教えます。パラグライダー、犬ぞり、スキージョリング、アイスホッケー、スノーモービル。タフなものからソフトなものまで、お求めのものにメニューを適用できます。 テレマークスキーはいかが? この訓練を発見したい熟練スキーヤーは、メリベルの主要スキースクールでコースを取ることが可能です。フレンチ・スキー・スクール、ESI、Oxygène、Prosneigeのすべてで、テレマークスキーのコースを提供しています。 しかし、テレマークスキーとは一体何でしょう?典型的なアルペンスキーのテクニックではスキー板に取り付けますが、このスキーテクニックでは、かかとには取り付けないままにします。のちに米国に移住したノルウェーの大工 ソンドレ・ノールハイムが1868年に開発しました。かかとを妨害しないという事実はとてもエレガントな見た目を与えます:スキーヤーは内側脚部を曲げてコーナーをまがり、ダンスのリズムを適用させ、とてもスタイリッシュです。 メイベルはテレマークスキーのメッカ。実際に、2017年1月にリゾートがテレマークスキー・ワールドカップを主催しました。ラウ兄弟の主要の隠れ家でもあります:クリス、フィリップ、スヴェンは3人ともナショナルチームで著名となり、メイベルを本拠地としました。フィリップは、メリベルクラブのもうひとりのスキーテレマーケターメンバーマッティ・ロペスのように、まだフランスのテレマークチームの一員です。(フランス・スキー連盟のウェブサイトにて、テレマークスキーとその概要の詳細について知る) 男性のベストフレンド:そり犬それとも馬のハイキング 極北の開墾されていない広がりを夢見ている人は、そりすべりはいかがでしょう?メイベルのProsneigeはスキーレッスンを提供しているだけではありません:プロのマッシャーの熟練ガイダンスの下で、そり犬と一緒にハイキングすることもできます。訓練中に、まずは基礎を学びましょう。説明の間にそりの取り扱い方法に関して学び、それから30分ハイキングします。 7~10匹の美しい犬と一緒に、すばらしい滑走のセンセーションを発見しましょう:賢く力がある動物ハスキー犬、サモエード犬、マラミュートなど最も人気があるそり犬の品種です。 Prosneigeが提供するそり犬とのハイキング、アクティビティ。 男性の2番目のベストフレンドは、牽引を引き受けることもできます。スキージョリングを知っていますか?スキーに立って、馬に引いてもらいます。お子様にピッタリ(同伴者と一緒に)のこのアクティビティは、ファーストレベルのスキースターと一緒に行います。これは、スキーになじむと同時に、楽しんでかわいいポニーと仲良くする方法です。しかし、気をつけてください。スキージョリングがのんびりしたアクティビティだと思わないでください!大会の場合には、馬の後ろで、全速力でスケートをして、目の回るような速度で障害物を超えます。 スキージョリングのアクティティは、メリベル乗馬センターで提供されています。センターでは冬の乗馬も提供しています。 お子様向け:イグルーとアイスホッケー 水曜日の午後5時から7時まではヘッドランプの光で冒険に行く時間 ― イグルーを自分で作る完璧な場所を見つけましょう!イグルーが完成したら、中に集まってご褒美のホットチョコレートを楽しみましょう。 イグルー作り、お子様向けのアクティビティ。 とても向こう見ずな人には、木曜の午後8時から10時にオリンピックパーク・リンクではブクタンチームのプレーターと一緒に、アイスホッケーの入門セッションが行われます。ファンは「ブクス」と呼びますが、D1に移り、2018年2月にメリベルで2回、クールシュヴェルで1回、試合をします ― 試合をご覧になってはいかがでしょう?カレンダーを確認する スノーモービルでハイギアに切り替え 雪だけでは物足りないスリルを求める人は、閉まった後に道を再度訪問してみてはいかがでしょう?夜が更けると、マシーンが大きくうなり、雪の上を突進します。ディスカバリー・ハイキング(運転者1人、乗る人1人)またはスポーティ・ハイキング(乗る人なし)を90分間楽しみましょう。 スノー・バイカーエージェンシーがメイベルでのスノーモービルの旅行を提供します。 冬のパラグライダー スキーでは滑ることができます ― しかし、浮くこともできます。パラグライダーでは、スキーの出発が簡単になります:走る必要はなく、自分を滑らせるだけです!12月9日から4月22日まで、縦に二つ並んだパラグライダー体験をするには、Saulier エクスプレス・ゴンドラリフトを訪問しましょう。 空中では、目が行き届く限り、山頂の風景を堪能することができます。飛んでいるところをしっかりと見ておきましょう:保護された自然地区の上を飛ぶので、ワシ、シャモア、シカ、小鹿などを目にするチャンスがあるかもしれません。飛行の終わりには、心の準備があれば、インストラクターが強い印象を与えますが、安全な曲芸飛行操作の実践を薦めるでしょう。 Aparapente スキーを楽しまない権利もある… お子様がスキーレッスンの間、男性(または女性!)は暗いスロープでモーグルの壁を探検していましたよね… 暖かい所にいて、太陽、寒さ、風で影響を受けたお肌をちょっぴり満足させる時間を取りたいですよね!Hotel Allodisのクラランス提供のSpa des Neigesでランデブーしましょう。 例えば、「レ・マタン・ゼン」スペシャルを活用しましょう。10時から14時まで、スチームルーム、サウナ、プール、フィットネス、25分または50分のお手入れをご利用いただけます。 Hotel Allodisのクラランス提供のSpa des Neiges, Le Belvédère, 73550 Méribel

さらに読む
メイベルの冬:スキーだけではありません

メイベルの冬:スキーだけではありません