カルチャー & アート


セクションカルチャー & アートのすべてのHomeTown ブログ記事をこのページで見つけられます。

カルチャー & アート

初版のムジェーヴ・サヴォア・トリュフ・フェスティバルに注目

1 年前 - Valérie D.

雪が溶けてしまって夏にムジェーヴでやることは?リゾートとアクティビティの魅力には事欠きません。文化的な楽しみであれば、サヴォア・モンブラン地域のハイキングや小旅行など1日中退屈することはありません。ムジェーヴは、ニューヨークタイムズ紙などの機関から世界で最も美しい観光目的地のひとつであると考えられているいて、それはムジェーヴが文化都市であることも理由です。ムジェーヴ・ブルース・フェスティバルからエスティバル・ドゥ・ムジェーヴやムジェーヴ・インターナショナル・ジャズ・フェスティバルに至るまで、サヴォアのリゾートの常連の人たちは、モンブランのふもと、アルプスのど真ん中でのすばらしいセッティングの中、毎年大規模なイベントを見つけられることを知っています。 このようなさまざまな文化イベントだけでなく、ムジェーヴは2018年の夏に初版の新しいフェスティバル・サヴォア・トリュフを迎えます。ビートルズファンなら、サヴォア・トリュフ(1968年の有名な「ホワイト・アルバム」の曲のように)が止められずに楽しむことができるすごくおいしいチョコレートキャンディのアイデアであることを知っています。文化イベントは集学的なので、これは同名のムジェーヴのフェスティバルであると想像されそうな同じ願いがあります。 ムジェーヴで2018年8月17日~9月2日の間、この2018年版は2週間開催されます。音楽、映画、文学、劇場、主題のスレッドのサインの元で:サヴォイア公国。この地域は文化の宝物の安息の場で、ムジェーヴは私たちにそれを思い出させます。 もちろん、そこではこの国出身の人たちに会うでしょう:最も有名な中ではバイオリニストのルノー・カピュソン、作家のエリック=エマニュエル・シュミットなど。サヴォア・トリュフ・フェスティバルは、地元の芸術家やスポーツマン、作家にひらめきを与えた最も美しい映画のシーンを提供して来たサヴォアを見る機会でもあります。サミットのサインの元で開催される文化フェスティバルですが、プログラムの一部は特に子供専用なので、子供たちに満足してもらうことを忘れずに、すべてにアクセスすることが可能です。 注目のサヴォア 開化された国の訪問者は、サヴォアがバロック芸術の世界最初の場所のひとつであることを知りません。リュリの生徒、コレッリの友人、バッハに影響された人物であるムジェーヴ出身の有名な作曲家のゲオルク・ムッファト(1653-1704)に捧げるフェスティバルの開催は当然のことですよね。この壮大なバロックのオープニングには彼のコンチェルト・グロッソとパッサカリアがバロックオーケストラの「es Musicians du Louvre」とハープシコード奏者のRebecca Maurerによって演奏されます。大いなる世紀の音楽を好む見物人の方はゴットリープ・ムッファト、ジャン=バティスト・リュリ、最後にエリザベト=クロード・ジャケ=ド=ラ=ゲールの作品を聞きましょう。このオープニングコンサートは、もちろんサヴォアのバロックのサーキットの一部でムッファトが洗礼を受けたムジェーヴのサン=ジャン・バプティスト教会で開催されます。 夏の終わりのフェスティバルの間、ムジェーヴで開催される多数のコンサートの間で、音楽が取り残されることは絶対にありません。例えばサヴォアの演奏のオーケストラ・アコーディオン奏者、アルプスのオーケストラ、しかもOrchester des Pays de Savoieを聴くことができます。 新しい集学的なフェスティバルは、歴史とアイデンティティの周りのさまざまな設備を通じて、山の美と逆説的なおもてなしに敬意を払うことを忘れないでしょう。「トリュフ・トーク」会議はサヴォア出身の登山家Sylvain Saudan、歴史家のGabriel Grandjacquesとの対談の機会があります。最初に、skier of the impossibleが「エクストリーム・マウンテン」のテーマで彼の映画の「ザ・リスト」の映写の余地に参加し、二番目に第二次世界大戦中にムジェーヴに特にシェルターを見つけたこの家族の歴史を追う彼の書籍「La Montage-refuge」で戻って来ます。 明らかに訴えかけるサヴォアの山々は、地域で撮影されたフィルムのスクリーニングや有名な歴史のページを参照して回想されます。ムジェーヴ・サヴォア・トリュフでは、大きなスクリーンで、再統一されたイタリアの王になったサヴォア公の長編作品をロマンチックに描いたヴィスコンティのクラシック「山猫」(1963)を見ることができます。フィルム上のアルプスでは、クロード・ルルーシュ監督、Praz-sur-Arly撮影の映画「Salaud, on t’aime」(2014)でジョニー・ハリデーの美しい映像を堪能できる機会でもあります。 国内外の範囲の地元のパーソナリティ ムジェーヴ・サヴォア・トリュフ・フェスティバルの立役者として、有名な「ステージの地元の人」を見つけることは驚きではありません。この初版では、作家のエリック=エマニュエル・シュミットや音楽家のルノー・カピュソンがその存在でムジェーヴを有名にするでしょう。 シャンベリで生まれた有名な2人のカピュソン兄弟の1人の存在なくして、サヴォア国の文化的な貴重な情報をフェスバルに捧げることはできません。それがバイオリニストのルノー・カピュソンで、ピアニストのGuillaume Bellomと一緒にバッハ、ラヴェル、シュトラウス、そして誕生日の同日に生誕155周年を祝うクロード・ドビュッシーのソナタを演奏します。 ローヌで生まれサヴォアで育ち、サヴォア大学で心理学の講師をしているエリック=エマニュエル・シュミットはモンブランのふもとに住んでいます。Prix Goncourt 2010が、彼の作品「Concerto in memory of an angel」(アヌシー湖で終わる)を読みます。作品は、栄光か、仲間のバイオリニストの友情かを選択しなければならない嫉妬深い誇り高きピアニストの運命について書かれているので、サヴォアは永遠にいつでも音楽。また、サヴォア出身の作家は、文化と音楽の関係に関する対談で、Staatsoper Berlinの指揮者兼作曲家のデイヴィッド・ロバート・コールマンとバイオリニストのマキシミリアン・サイモンと一緒に紹介されます。 家族全員向けのフェスティバル ムジェーヴのフェスティバルのプログラムは大規模で、お子様でも大事なことを見つけることができるので、どなたでも楽しんでいただけます。組織者は、今夏、ご家族でムジェーヴを訪問するであろうと考え、「キッズコーナー」を設置しました。このスペースは5歳以上のお子様専用で、フェスティバルの間、毎晩6時半~9時にエンターテインメントと文化的アクティビティを提供します。ご両親が穏やかに夜のコンサートを楽しむことができる一方で、お子様のプログラムではお子様向けに接敵されたショーやアニメーションを見つけることができます。メニュー:Pierre Caillou社の劇場、Compagnie du Corbeau、Geneva Brass Quintetの音楽、永遠の平和のための教育的なソリューションを提供するGraines de Paixとコラボしたワークショップ「ハリネズミでもドアマットでもない」 「キッズコーナー」はフェスティバルのパスの所有者は無料、持っていない人は有料(10ユーロ)であることをご留意ください。ショーやワークショップ後、お子様はイベント終了まで、メインステージで待機して世話をされます。 一口で言えば、今夏、ムジェーヴでショーに参加することは大人にも子供にも問題はありません。すでに上質な文化イベントで溢れるモンブラン地域は、モンダルボワやモンジョリの峰の向こうに簡単にこだまが反響する所に新しい集学的なフェスティバルを取り込んだだけです。

さらに読む
初版のムジェーヴ・サヴォア・トリュフ・フェスティバルに注目

初版のムジェーヴ・サヴォア・トリュフ・フェスティバルに注目